オリゴ糖を摂取するメリットとは?

オリゴ糖を摂取することにより、腸の中に住んでいる善玉菌を活性化することができます。
オリゴ糖は善玉菌のエサになりますので、菌がより活発に動いてくれるようになります。
また、一緒に善玉菌が含まれている食物を摂ることによって、より整腸効果を感じることができます。
善玉菌を含んでいる食品の代表的なものとして、ヨーグルトや納豆などの発酵食品が挙げられます。
ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜるのは効果的ですし、納豆はそのままでも菌やオリゴ糖を摂取することができます。
毎日の食事に適度に取り入れることにより、健康の増進効果もあります。
食材から取り入れることによって腸内の環境が改善することにもつながり、下痢や便秘などといったトラブルを解消することも可能です。
腸に異常がないのに下痢や便秘に悩んでいる人に適した食品です。
オリゴ糖を摂取する場合には、自分の適正量を摂る必要があります。
あまりにも急に多く摂取すると、腸の働きが活発になりすぎて一時的にお腹がゆるくなる場合もありますので、少しずつ量を増やすなどして調整をするようにしましょう。
慣れてくれば自分に適切な量が分かってきますので、効果を実感できるまで続けてみることが大切です。

 

 

 

腸で吸収されにくいオリゴ糖のダイエット効果とは?

人間が太ってしまう最大の原因の一つが糖質を過剰に摂取してしまうことです。
一般的に料理に使われる砂糖などの調味料には、多くの糖質を含んでいます。
腸の中でこの糖質が吸収されると、しばらく経つと脂肪になってしまいます。
しかし、オリゴ糖は腸の中で吸収されにくい性質があります。
そのため、ダイエットをするためには砂糖をオリゴ糖に切り替えた方がいいということになります。
オリゴ糖は腸の中で吸収されにくい上に、カロリーも低いのでダイエット効果がある食材ということができます。
フラクトオリゴ糖は、虫歯になりにい性質がある糖であるので、お菓子などに非常によく使用されています。
そして、ミネラルを吸収する働きを促進する効果があるので、カルシウムを吸収する働きを促進する食品として認可されています。
また、人間の身体の中で消化しにくいという性質があるため、糖の状態のまま大腸に届きます。
ですので、大腸の中にいるビフィズス菌などといった善玉菌の餌になることによって、腸の中の環境が改善されてダイエットの妨げになる便秘も改善するという効果も期待できます。
そして、フラクトオリゴ糖は水に溶けやすく、加熱しても壊れないので色々な食品に使用されています。

 

 

 

オリゴ糖は血糖値に影響を与える?

オリゴ糖は他の糖類と同じように、血糖値に影響します。
カロリーがゼロでない限り、どんなものでも食べれば血糖値が上昇しますが、オリゴ糖は他の糖類に比べて血糖値が上昇しづらい傾向にあります。
理由はカロリーが少なく、難消化性という性質を持っているためです。
砂糖のような糖類は、摂取されると体の中で分解されエネルギーとして消費されますが、オリゴ糖の場合は分解がスムーズに進まず腸の中に残ります。
ビフィズス菌の餌となって腸内を整える働きをし、過剰に摂取した場合は下痢等で体外へ排出されます。
血糖値が高く糖尿病等のおそれがある場合や、肥満のために糖質制限をする場合等、砂糖の代わりにオリゴ糖を使って血糖値への影響を少なくすることが可能です。
代わりに使う場合の注意点としては、全く影響がないわけではないという点です。
値が上昇しづらくなるだけなので、摂取しすぎれば砂糖よりカロリーを摂ってしまう場合もあり得ます。
また、オリゴ糖が使われているものでも、甘味を増すために砂糖等が大量に使用されているものを食べてしまうと意味がありません。
調理に使う場合も食品から選ぶ場合も、成分表示を良く確認して、選んだほうが良いでしょう。

 

 

 

オリゴ糖と糖尿病の関係とは?

オリゴ糖と糖尿病との関係とは、体内に糖分が入ったときの血糖値の上昇が大きく関係しています。
血糖値は、体内に糖分が入った段階で分泌されたインスリンの効果によってなじみやすい形になったことで、血管内をめぐり全身に細胞の栄養を補給する血液の中に含まれる糖分の量です。
健全な場合には、必要な分だけ糖分を分解して全身にまわし、それ以外は便と一緒に排出しますが、インスリンの分泌が過剰になると、本来必要では無い糖分まで分解し血液中に送ってしまいます。
その状態が続くと血管に大きな負荷がかかってしまい、本来基礎代謝によって守られている体が基礎代謝を起こしにくくなるので、本来かかるはずの無い病気やけがを起こすことを糖尿病というのです。
糖尿病になった場合には糖分摂取が制限されるのですが、しかし完全に摂取をしなくなると低血糖となって逆に体に負担となるので、それは避けなければならないです。
そこでオリゴ糖の登場です。
オリゴ糖は野菜や果物の中に入っている天然糖の一つで、水に溶けやすい水溶性の性質を持っています。
オリゴ糖で糖分を吸収すると、水分になじみやすい性質が活躍をし、血液中に入ったときに即座に溶けてなくなるので、血糖値の異常な上昇を抑えるオリゴ糖は糖尿病患者に適した糖分ということになります。

 

 

 

納豆と一緒に摂取しても問題ない?

オリゴ糖は納豆と一緒に摂取しても全く問題ありません。
むしろ、納豆は植物性乳酸菌なので、効果的な摂り方であるということができます。
植物性の乳酸菌は、納豆の他にも味噌や漬物の中に含んでいます。
そのため納豆だけでなく、キムチや味噌汁などに入れて摂取するのも効果的とされています。
さらに、オリゴ糖に加えて食べると効果的に摂取できるとされるのが、ヨーグルトになります。
ヨーグルトには、ビフィズス菌や動物性乳酸菌などといった善玉菌がたくさん含まれています。
オリゴ糖を加えて摂取することでよって、腸の中の善玉菌が活性化されます。
しかし、ヨーグルトは性質上、胃に入った時点で、胃から分泌される酵素によって消化されることになります。
中にはビフィズス菌が生きて腸にまで届けられるヨーグルトも販売されているため、そのような種類のヨーグルトを選ぶのが良い方法の一つになります。
そして、商品化された濃縮液やパウダー、サプリメントなどのオリゴ糖を使用しなくても、オリゴ糖が、たくさん含まれている大豆やハチミツ、バナナといった食材を、ヨーグルトと一緒に混ぜて、ヨーグルトドリンクにして摂取するのも腸の中の環境を改善させる効果があります。

 

 

 

参考サイトについて

このページにも記載していますが、オリゴ糖は便秘に効果的です。
もちろん、お通じについてはそれ以外の方法でも効果が期待できます。
お通じに関して詳しい情報を知りたいならこちらのサイトが参考になると思います。